車の塗装が擦れた浅いバンパーの傷

狭い道でバンパーを擦ってしまったり、気付いたら線がついていたりなど車のボディやバンパーが傷ついてしまった時には、ちょっとした擦りキズや線キズの場合自分でもキレイに直す事ができます。塗装が擦れてしまっただけの浅いバンパーの傷の場合には、磨くだけでもキレイになる場合があります。方法は、車を水洗いをして、コンパウンド細目で磨きます。スポンジにつける量は、小指の先くらいで、スポンジが軽くつぶれるぐらいの力加減で直線方向に行っていき、乾いたら液を足します。磨いている時にキュッキュッという音がでれば磨きがうまくいっています。キズが見えなくなったらコンパウンド細目は終了ですが、磨きカスはきれいにふき取ります。コンパウンド極細からコンパウンド液体の順に仕上げていき、仕上げにワックスをかければ潤いある艶に仕上がります。

車の塗装には高い技術が必要です

車体の接触などによりボディに傷が出来でしまった場合や、いつの間にか色あせてきた、新しく買った車を自分好みの色やデザインに塗り替えたい時などは専門の塗装業者に依頼するのがお勧めです。正しい手順で塗料を重ねていくことで、ピカピカの艶が出るだけでなく防錆もできるので将来的にも大きなメリットが有ります。しかし全塗装ももちろん難しい作業ですが、特に部分的な作業の場合はその時々の周りの状態に合わせて塗料を調合し、境目が分かりにくいように仕上げなければならないので非常に技術が必要になってきます。仕上がりに差が出ることもあるので、業者を選ぶ際は費用ももちろん重要ですが、出来るだけ経験や実績のある業者を選ぶのがポイントになります。大切な愛車の塗装を初めての業者に任せる事に不安が有る方も多いので、何より技術面で信頼できる所にお願いしたいです。

車の塗装を依頼するための流れの決め方

車の塗装を依頼する場合は色落ちをしないように作業の流れやかかる費用を比較し、予算や目的に応じて決めることが大事です。色落ちがする原因は衝突によって剥がれ落ちることや湿気が付着して長く経過するなど様々な場合があるため、業者と相談をしてから最適な方法を決めると満足できます。業者を選ぶ時は信頼や実績があることを確かめ、スタッフと気軽に相談できるように決める方法が望ましいです。塗装は車体が錆びないように色落ちをしない方法を確認して選び、後悔をしないようにするために事前に口コミなどを確かめて決める必要があります。最適な方法を探す場合は複数の業者の見積もりの内容を比較し、予算や目的に応じて満足ができるように考えて選ぶ方法が望ましいです。車の塗装を依頼するための流れの決め方は事前に相場を確かめ、色落ちをしないように作業内容やかかる費用を確かめて選ぶと安心できます。