車の塗装をするための正しい手順の決め方

車は長く使うと塗装が落ちやすく、湿気などが入るために錆びる原因になるため定期的に状態を確かめて対策をする必要があります。手順を決める時は業者の見積もりを確かめて予算や目的に応じて最適な方法を探し、安心して運転ができるように考える方法が望ましいです。車の塗装をする方法は形状に応じて異なり、色落ちをすると錆びる原因になり状態が悪化すると交換をせざるを得なくなるため出費が増えます。安心して運転をするためにはボディの状態を確かめ、錆びにくくすることや設備が摩耗しないように定期的に点検をして対策をすることが大事です。車の塗装をするための正しい手順の決め方は信頼できる業者を探し、検査を受けてから最適な方法を診断してもらうと安心できます。できるだけ長く使いたい場合は定期的にボディの状況を確かめ、必要に応じて改善をすることが重要です。

車の塗装後に注意すべき点

大事な愛車ですから、できるだけ長く良い状態のまま乗りたいと思うことでしょう。特に、へこみや傷がある場合に塗装を行ないますが、その後の使用に関して幾つか注意しておきたい点があります。まず、車を塗装した後一か月ほどの間は、まだ完全に乾いていない状態にあります。その時に水洗いしてしまうと表面を傷つけてしまう可能性があるため、十分の注意が必要でしょう。コーティングに関しても同様で、完全に乾燥していない状態でコーティングしてしまうと、やはり表面に傷をつけてしまいます。さらに、車の仕上げに使うワックスの使用についても慎重に行なう必要があります。強い力を入れてワックスをかけると、不必要に擦ることになり、塗装面に影響を与えてしまいます。それでワックスをかける際には、あまり力を入れず軽くかけることができるでしょう。

車の外装の修理での塗装工程

車の外装を修理した際、塗装に至るまで多くの工程が必要となります。まず、修復した箇所を#400~#600程度のサンドペーパーを使って研磨し、塗料の吸着性を良くする足付け作業を行った後、シリコンオフなどで脱脂作業をします。次に、塗料を塗りたくない場所にマスキングを施し、塗料の密着性を向上させ表面を滑らかに整える効果のあるプラサフなどの下地塗料を塗布します。プラサフが完全硬化したら#600~#800の耐水ペーパーで水研ぎして表面を整えた後、脱脂作業後にマスキング処理を施し上塗り塗装し、#1200~#2000で水研ぎして仕上げた後、クリアを塗布して#3000の水研ぎの後にコンパウンドで仕上げて終了となります。これらの作業を行うには、研磨する技術と塗料と塗布する技術が要求され、ある程度の知識も必要とされる作業となっています。