車の塗装は時間も必要も必要になる

車を塗装する場合は、多くの工程が必要です。傷の補修などは簡単な作業でできるという考えを持っている人も少なくないでしょうが、多くの工程が必要になるので少しの補修でも高額になってしまうことがあります。車の塗装の場合は、まずは補修部分の研磨から行います。平らに研磨しなければ補修を行った後に凹凸ができてしまいます。そして、下地用のペイントを行い錆が発生しないようにします。続いて実際の塗料を数回に分けて塗布します。数回に分けて色を付けていくことで、頑丈なペイントが行えるようになります。また、色ムラが発生しないように数回に分けて塗ります。全ての工程が終了したら最後にクリアーを塗布します。クリアーが終了したら、塗装部分の磨き作業を時間をかけて行います。多くの工程が必要になりますので、時間も必要も多くなってしまいます。

車の塗装を自分で行う

自分で車の塗装を行ったことがありますか。専門の業者へ依頼をした場合、少しの傷などでも驚くほど多くの費用が発生してしまいます。できれば安く仕上げたいと考えているのであれば、自分で行うことも可能です。重要なポイントとは、しっかり環境を整えることです。専門業者の塗装専用のブースなどは用意できないかもしれませんが、雨や風などが当たらない場所を選ぶことがとても重要になります。そして、必ず時間をかけて行うようにしましょう。完成に急ぐことでムラができてしまったり乾燥不測を招いてしまったりトラブルが起こりやすくなってしまうでしょう。全ての工程にしっかり時間をかけることで、トラブルが起こりにくくなるだけではなく、トラブル自体を回避することもできます。車の塗装は色合わせも大切です。専門業者に依頼をすれば今の自分のボディーカラーの塗料を作ってくれます。

アメリカ車のマットブラック塗装の特徴

アメリカ車のカスタムの世界においては、60年以上も前より人気があるマット塗装となっています。また、近年においては、輸入車であるアヴェンタドールやマクラーレンSLRなどによるスーパーカーの塗装においても話題となっており、BMWにおいてはM3限定車についてもメーカー純正塗装に採用されています。ただし、洗車に関しては難しく、ワックスが掛けることができない、汚れに関しては付きやすいなどメンテナンスの難しさについても指摘されています。また、これらの方法に関しては、最近日本においても人気が出てきている方法となっています。そして、つや消しについて映えるのはやはり黒でしょう。つまり、マットブラックのボディに変身していくことによって、何とも言えないような迫力があるスタイルになるでしょう。また、光沢を出していくような方法とは違い、表面に細かな凹凸をつけていく塗料を使用しています。この細かな凹凸が光を拡散させ、艶を消したような独特の重量感を持っている表面が作られています。そして、これらの方法によって施工された表面は、少しざらざらした感触になります。